心の丸窓/Round window of the mind(39) Adolescense

Round window of the mind is  the column about mental therapy written by doctors of Kokoronomori Shin…

続きを読む

心の丸窓(38)時間感覚の不思議

 いよいよ今年も師走となりました。忘年会、クリスマス、仕事納め、大掃除等々と、この1か月間は忙しなく矢のように早く過ぎていきますね。今回は、私たちの時間感覚について書いてみたいと思います。早く過ぎると言えば、愛する人と過…

続きを読む

心の丸窓(37)ひとの心の成り立ちについて

 今年のハロゥインは土曜日ということもあり、例年以上に盛大なものでしたね。仮装した人たちであふれた渋谷の街並みも何度もニュースで取り上げられていました。ここ数年、かぼちゃの顔の妖精ジャック・オー・ランタンも仮装行列もお馴…

続きを読む

心の丸窓(36)「喪の仕事」という視点から、とりとめもなく想いめぐらせたこと<後編>

〜心の丸窓(35)より続く〜 この映画の重要なテーマの1つは、自分にとって大切な対象を失うという「対象喪失」であり、4姉妹だけでなく、登場人物のほとんどが何らかの喪失の物語を抱えています。父親の葬儀のシーンから始まり、1…

続きを読む

心の丸窓(35)「喪の仕事」という視点から、とりとめもなく想いめぐらせたこと<前編>

たまには映画の話でもしてみましょう。主人公の中学生の女の子は、自分が手を尽くして看病した父親を亡くしたばかりです。その女の子は「しっかり者」と周りから思われており、実の父親の葬儀の場面でも、すっかり参ってしまった義母を気…

続きを読む

心の丸窓(34)日本における精神療法トレーニング事情

先日、全国の有志の医学生と研修医を対象に、「精神分析 医学生・研修医セミナー  2015」という研修の集いが都内で開かれました。心の杜からは私を含む医師3名が講師として登壇し、若い医師やその卵の方たちと有意義な…

続きを読む

非常勤医増員ならびに診療枠の拡大のお知らせ

 2015年8月1日付けで、髙橋佳医師が心の杜の診療スタッフに加わります。  髙橋医師は福島県立医科大学神経精神科・心身医療科出身で、東京大学心療内科での研修・臨床・研修を経て福島・東京での総合病院・単科精神科病院勤務の…

続きを読む

心の丸窓(33)身も心も

 江戸時代の儒学者・貝原益軒による養生〜つまり健康についての指南書「養生訓」は、身体ばかりではなく精神の養生にもふれています。そのなかに「心は身の主なり」「身は心の奴(やっこ)なり」というくだりがあります。ここから、心は…

続きを読む

心の丸窓(32)PTSD

この文章は前回のコラムの日本語訳です。 PTSD(Post-Traumatic Stress Disorder 心的外傷後ストレス障害) 東京に住んでいる限り、私たちは3月になると過去の外傷的な出来事を思い出さずにいられ…

続きを読む

心の丸窓/Round window of the mind(31) PTSD

Round window of the mind is  the column about mental therapy written by doctors of Kokoronomori Shin…

続きを読む