心の丸窓(66)知足ということ

去年のいつぞや、ある政治家の「身の丈」発言が物議をかもしたことがありました。本来「身の丈」とは「身長」のこと。転じて「無理をせず、“力”相応に対処すること」の意味です。ここで重要なのが、“力”の程度の見積もりです。その人が本来備えている“実力”以上のものを自分の“力”と判断してしまうと、どんなに無理をしても到達できない目標を設定しかねません。

今回は、自分の“力”“可能性”を適切に見積もる能力について考えてみましょう。私たちは成長の過程で、周囲の人々(主に養育者である両親)から自分を正当に認めてもらい褒めてもらえていると感じることによって、「自分はこれで大丈夫だ」という健康な自尊感情(丸窓61)を養うことができます。そして、「自分はこうなりたい」という現実的な目標(これを自我理想と呼びます)を持ち、それに向けて無理ない範囲で努力をしていくことが可能となっていきます。

もし周囲からの妥当な反応が得られず、その子供が「今の自分では駄目だ。もっと頑張らなければ認めてもらえない!もっと自分はできるはず!」と感じるようなことになると、自分に対して過大な達成目標を立て、生涯それに向けて際限のない努力を続け、その果てには燃え尽きてしまうかもしれません。あるいは努力自体を放棄して、目標のない空疎な日々を送ることもあるでしょう。

「知足」とは「自らの分をわきまえて、それ以上のことを求めないこと。分相応のところで満足すること」の意味です。健康な自尊感情を持てている人は、この「知足」の心境に自ずと至るでしょうし、その心境は、達成可能な目標に向けて無理のない努力や研鑽を積む姿勢をもたらすことにもなるのです。

(MUSASHI:記)