最新情報

心の丸窓(59)思うようにならぬ日々を送るときの心得 ~「時の性(しょう)を尽くす」~

☞「心の丸窓」は心の杜の医師による心の診療に関するコラムです。


高校時代の友人の話です。還暦間近の彼女は、仕事に、そして長年続けてきたあるスポーツにと忙しく充実した日々を送っていました。特に最近は、そのスポーツ大会に向けて一層の精進をしていたそうです。そこに連休明けの仕事の忙しさが加わり、さすがの彼女も疲労困憊。そうしたところ、とうとう帯状疱疹に罹ってしまいました。帯状疱疹は、心身の疲労が昂じ免疫力が低下した時に生じるウイルス性の疾患で、早期の薬物療法に加えて安静休養が何より大事になります。彼女も仕事量を抑え、大好きなスポーツも我慢の生活を強いられることになりました。帯状疱疹による痛みや怠さが数日して軽くなった頃、ふと彼女は、日頃ゆっくりできないままになっていた料理をしてみようと思い立ったと言います。圧力鍋を取り出して、煮込み料理をあれこれ作り楽しんだとのことでした。また、普段はランニングしている遊歩道ものんびり散歩して、空の青さや新緑、紫陽花の色を堪能したそうです。

彼女は病気になることで、いつもの生活を送ることができなくなりました。それでも、その時にできることを思い立ち楽しむことができたのです。「できないこと」に囚われるのではなく、「できること」に心を留めて「思うようにならない時」を能動的に過ごす、これを森田療法(1920年代に精神科医森田正馬が創始した神経症に対する精神療法)では、「時の性(しょう)を尽くす」と言うそうです。以前紹介した「不動智」(囚われない心)<心の丸窓(23):ストレスを溜めない生き方~不動智の境地~)にも通じることのようですね。

 

( MUSASHI:記 )

marumado_Sep_2018.jpeg

心の丸窓(58)「  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>