最新情報

☞「心の丸窓」は心の杜の医師による心の診療に関するコラムです。

 心に傷を負うことは痛みを伴うため、私たちは通常できるだけ避けようとします。しかし、私たちの心は傷を糧に成長するということもまたひとつの事実ではないでしょうか。今回私は、心の傷とパーソナリティの成長との関係を考えてみたいと思います。

 もちろん私は、親が子供の成長を促すために子供の心を傷つけるべきだ、というようなことを言っているのではありません。もし親が自分の子供を故意に傷つけようとするのであれば、それは虐待とみなされるかもしれません。しかしときに親は、子供の無垢であっても おそらく大きすぎる要求や期待に応えることに失敗します。それどころか、親は子供の要求よりも自分のそれを優先する事があるかもしれません。なんという裏切りでしょう!こうした親の失敗は子供の心を深刻に傷つけることがあります。そしてその傷は子供のパーソナリティに「トラウマ」という深刻なダメージを残すかもしれません。子供はいらだち、怒り、落胆し、あるいは絶望するなどさまざまに反応するでしょう。しかしそのような体験は、子供にとって困難で残酷なこの世界の現実に直面する機会でもあるのです。つまり、両親は完璧な人ではなく、普通のありふれた人間で、子供の要求を満たすのに失敗する事もあるという現実です。親の能力にも限界がある、というわけです。

 子供がこういった状況に対処する方法は大きく分けて二通りあります。受け入れることと回避することです。回避は否認すること(意識的、無意識的に認めないで否定すること)を含みます。例えば子供は、親の失敗という現実を見ずに、親が自分を嫌っているからわざと攻撃したのだ、と考えるかも知れません。つまり子供の目から見れば虐待だ、と受け取るのです。あるいは、それは親の失敗ではなくて自分が悪いからだ、と考えるかも知れません。「僕がよい子じゃなかったからママは落ち込んで、僕の世話をすることができなかったんだ。」というように。この種の捉えかたによって、子供は両親像を理想化されたままにしておくことはできるかも知れませんが、現実を見て受け入れることからは遠ざかってしまいます。一方、もしも子供が現実を受け入れることができれば、痛みを伴いながら、そして傷跡を残しながらも、傷口を癒しそれを乗り越えることができるかも知れません。そしてその時初めて子供は成長し発達することができるのです。それは世界の現実をもっと良く見ることができるようになるということを意味しているのです。

 この一連の過程では、子供の傷を癒すための支える環境の役割も重要になります。これは例えば、親が自らの失敗を、たとえ避けえないことであったとしても、真摯に謝罪することであるかも知れません。あるいは子供の復讐に耐えることかも知れません。別のいい方をすれば、親もまた痛みを経験するのです。

 このようにパーソナリティの成長は、真に心が傷ついた経験とその克服を経て達成されるのです。

(具眼 記)


marumado_Japanese_ver.jpeg

心の丸窓/Roun  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  心の丸窓(48)花