最新情報

心の丸窓(41)治ることをめぐって

「心の丸窓」は心の杜の医師による心の診療に関するコラムです。

 

 何かの病気にかかったら、誰でもすみやかに治りたいと願うものです。心の病気に関してももちろん同様です。ですから、患者さんやご家族から、治ることをめぐる質問を受けることがしばしばあります。そうした場面で私は、「病気にかかること」と「治る」ことをめぐるお話をするのが常です。

 心の病気はなぜおこるのか、これは現代医学においても、一部の病気以外についてはすっきりした答えは出ていません。おおまかにいえば、

(A)生まれもった脳の体質

(B)成長していく過程でのさまざまな環境による影響

(C)最近のストレスや生活状況、身体状況

の総和によります。その比率は個人個人かなり異なります。

例えばうつ病は、(A)+(B)+(C)によって脳のなかのセロトニンやノルアドレナリンといった物質が不足してしまった状態と考えられ、それを補正するような抗うつ剤を使います。また、休養をとりつつ(C)を軽くしておくことも必要です。それで症状が軽くなっていったら完治、とは残念ながら言いきれません。(B)によって完璧主義や責任の背負い過ぎになりやすいなら、再び(C)が過酷になって、結局ぶり返してしまうかもしれません。こうした場合、(B)の影響を部分的に修正することが必要となります。また(A)は入れ替えることはできませんから、どうしたら(A)にとってほどよい生活になるだろうか、と考えることを忘れてはならないのです。

 このように、病気になる前の状態に戻ることだけを目指すのではなく、長持ちする在り方を模索するのが精神医療のとらえ方である、といえるでしょう。

 

(風蘭 記)

marumado_41.jpg


新任医師のご紹介  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  心の丸窓(42)カ