最新情報

心の丸窓(33)身も心も

心の丸窓は、心の杜の医師による心の診療に関するコラムです。


 江戸時代の儒学者・貝原益軒による養生〜つまり健康についての指南書「養生訓」は、身体ばかりではなく精神の養生にもふれています。そのなかに「心は身の主なり」「身は心の奴(やっこ)なり」というくだりがあります。ここから、心は安らかにして、身はよく動かすことが健康によろしい、というようなことが説かれていきます。

 それはさておき、私は、「身は心の奴なり」というフレーズにいたく惹きつけられました。心療内科では、心が無理を重ね、その無理を引き受けた「奴」の身体が悲鳴を上げている状態の患者さんによくお会いします。医学的にいえば、心の首座である脳から自律神経系、内分泌系、免疫系のルートを通り、身体にはさまざまな症状が出現します。これが心身症とよばれる病態です。一方、これらのルートは通らず、心の中の無意識の葛藤が知覚(身体の五感)や運動の麻痺として身体に現れるのが転換症状で、フロイトが精神分析を開拓していく出発点には、この転換症状をもつヒステリーの患者さんたちとの出会いがありました。

 心と身体のつながりは複雑にからみあい、人それぞれに表現は多様ですが、私たちはしばしば、患者さんとともに「奴」の主張に耳を傾け、そこから「主」の危機にたどり着くような道行をしています。

 (風蘭 記)

marumado_33.jpeg



心の丸窓(32)P  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  非常勤医増員ならび