最新情報

心の丸窓(32)PTSD

心の丸窓は、心の杜の医師による心の診療に関するコラムです。
この文章は前回のコラムの日本語訳です。


PTSDPost-Traumatic Stress Disorder 心的外傷後ストレス障害)

東京に住んでいる限り、私たちは3月になると過去の外傷的な出来事を思い出さずにいられません。例えば、地下鉄サリン事件(1995320日)や東日本大震災(2011311日)などです。今回はトラウマ(心的外傷)とPTSDについて書いてみることにします。

PTSDはベトナム戦争後の退役軍人の研究によってよく知られるようになりました。自分や他の人が実際に、または危うく死ぬ、重傷を負うなどの外傷的なできごとに遭遇した後に発症します。たとえば、戦争やテロ、自然災害、身体的、精神的、または性的な暴力、深刻な事故などです。PTSDの患者さんは過覚醒、茫然自失、再体験、回避などの症状を呈します。再体験には繰り返されるフラッシュバックや外傷的な場面を夢に見ることなどが含まれます。回避というのは、トラウマを思い出させる、または思い出させるかもしれないような場面を避けることです。いくつもの研究が、SSRI(セロトニン選択的再取り込み阻害薬)やその他の抗うつ薬による薬物療法、CBT(認知行動療法)、EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)がPTSDに効果があると報告しています。

しかし、次の二つの状況は「通常の」PTSDとは区別する方がよいでしょう。それは複雑トラウマと発達トラウマです。複雑トラウマとは慢性的で繰り返される トラウマです。例えば監禁される、または外傷的な体験に閉じ込められるような場合があげられます。発達トラウマとは、心と脳の発達にさまざまな影響を与える幼少期から慢性的に繰り返されたトラウマのことです。

現実にはトラウマをもつ患者さんの人生は、PTSDの理論で言われるほど単純ではありません。トラウマを伴うようなできごとが起きた後の生活は、以前の生活と同じとは限らないからです。例えば災害にあった人々の中には家や、家族や、仕事や、その他さまざまな貴重な財産を失う人が大勢います。そしてしばしば、普通の日常生活を取り戻すことは非常に困難であったり、とても長い時間がかかったりします。そのとき、人々は外傷的な状況にとらわれてしまったように感じるかもしれません。つまりそのような人々の状況は 複雑トラウマに似た側面を持っているのです。

フロイトはトラウマを、心を囲う防護壁に空いた穴だと表現しました。これにより、激しい感情が溢れ出して圧倒されてしまうことから心を守るような通常の判断能力が失われてしまいます。これはトラウマに対する初期反応と見なすことができます。患者さんはショックを受け、心の機能がバラバラになってしまいます。そして次の段階に進むと、恐怖、迫害感、自分がバラバラになってしまいそう な気持ちを伴う強い不安を感じ、自分が適切に守られ、愛されるはずだという期待や希望とともに、世界の全ての良きことが失われてしまったと感じるかもしれ ません。希望の喪失がトラウマの中心的な問題なのです。私はこのような患者さんに対して、薬物を処方したり、(CBTEMDRといった)定型的な手法を施したりするだけでは不十分だと考えています。

キャロライン・ガーランドという英国の精神分析家は次のように述べています。

(トラウマの)治療は、自分を理解しようとする人物に話を聴いてもらえると実感することから始まります。もし治療者が完全に圧倒されてしまうことなく、患者さんの心の中や外的な現実に生じた衝撃の大きさをいくらかでも受け止めることができれば、患者さんは意味のある世界をもう一度築き直すことができるかもしれないという希望を抱くことができるのです。


 (Gugan 記)

marumado_32.jpeg


心の丸窓/Roun  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  心の丸窓(33)身