心の丸窓(5)仮面うつ病とは?

☞「心の丸窓」は心の杜の医師による心の診療に関するコラムです。

 うつ病と言えば、憂鬱な気分や意欲・思考力の低下といった精神的な症状がまず浮かぶでしょう。ところが、うつ病には精神的な症状だけでなく、身体のだるさ、便秘、食欲低下、体重減少、不眠、性欲低下、身体のいろいろな場所の痛みなど、身体の症状もみられることがよくあるのです。そして、患者さんは身体の症状だけを自覚して訴えるため、精神的な症状が覆い隠されてしまっているような場合を「仮面うつ病」と呼んでいます。

 ですから、患者さんはまさか自分がうつ病だとは思いもしません。そして、身体のどこかが悪いのだと考えて、それぞれの症状を専門にする医師を受診します。でもそこで、症状に対する薬を処方されても具合は良くならず、検査をしても異常が見つかりません。こうなって初めて、患者さんは心療内科・精神科にたどり着くというわけです。

 私たちは、そうした患者さんを迎えて、初診の診察で十分にお話を聴きます。具合が悪くなった頃の生活状況、症状の一日のうちでの変動(うつ病では朝が一番不調なことが多いのです)、過去のうつ病の経験、元来の性格等々。また、医師がじっくり耳を傾ける中で、実は患者さんが憂うつな気分、思考力の低下、億劫さなどを感じていることが明らかになることもあります。

 治療は、通常のうつ病のように抗うつ剤を中心とした薬物療法と十分な休養を柱としてゆくことで、回復の道をたどるものです。

 (MUSASHI 記)